乳酸菌とアルコール

乳酸菌 Labo

> 乳酸菌とアルコール

乳酸菌とアルコール

ヨーグルトサプリなどで乳酸菌をせっかく摂取しても、
その後でお酒、アルコール類を飲むと乳酸菌の効果が薄れてしまう、
なんていう話を聞いたことがある方も多いかと思いますが、これはどうなのでしょうか?

結論からいいますと、アルコールのせいで乳酸菌の効果が薄れてしまうことは、
ほぼないと考えて良いようです。

よくこのように言われるのは、アルコールには消毒・殺菌作用があるから、
お酒を飲んだ場合にもそういったイメージを持ってしまうためかと思います。

ほとんどが死滅してしまう

乳酸菌も種類によっては、胃や腸まで生きたまま到達することができるものもあります。
しかしほとんどの場合が、消化酵素や胃液によって死滅してしまうことがほとんどです。

ただ死滅してしまうからといって、乳酸菌のもつ効果がなくなってしまうというわけではなく、
死滅してしまった乳酸菌の残骸は、腸内にいる善玉菌のエサになるため、
善玉菌の働きを助ける効果があるとされています。

そしてアルコールもまた、胃や腸まで届くころには消化酵素や胃液によって、
消毒・殺菌作用はほぼなくなってしまいます。
ですから、普通にお酒を飲むのであれば、気にする必要はありません。

ただ、アルコール度数の極端に高いお酒を、大量に飲んだりした場合には、
少なからず影響があるかもしれません。

乳酸菌で肝機能改善

サッポロビールが発見した、「SBL88乳酸菌」は、
飲酒によって値が高くなるため、肝機能の働きをはかる指針とされている
γ-GTPと中性脂肪を下げる効果を持つ乳酸菌であるというデータがあります。

一定期間にわたって、同じ飲酒の条件下において、
SBL88乳酸菌を摂取する場合と、摂取しない場合とを比較した場合に、
SBL88乳酸菌を摂取した場合のほうが、γ-GTPと中性脂肪の値を、
低く抑えることができたのだそうです。

飲酒によって、肝機能がちょっと・・・という方は、
SBL88乳酸菌を試してみるのも良いかもしれませんね。