ピロリ菌の除菌にも

乳酸菌 Labo

> ピロリ菌の除菌にも

ピロリ菌の除菌にも

ピロリ菌って誰もが一度ぐらいは耳にしたことがあるのではないかと思います。
胃の中に住み着いている菌の1種で、胃壁を傷つけるとか
胃炎や胃がんの原因になる菌として有名なあのピロリ菌です。

日本人ではおよそ50%以上がピロリ菌保有者であるといわれており、
特に、50代以上の年齢層では70%以上がピロリ菌を保持しているとか。

強い胃酸にも負けない非常に強い生命力を持っていて、
この強い胃酸に耐え抜いて生きてゆくために、
「ウレアーゼ」という酵素を吐き出し、この酵素によって胃の粘膜の成分である
尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、自分の周りを胃酸から守るといわれています。
つまり胃の粘膜を勝手に使って、自分のバリアにしちゃうというわけです。

治療薬で除菌できるものの

このピロリ菌の除菌には、除菌療法とよばれる療法があり、
胃酸を抑える薬と、抗生物質を用いて除菌する方法があります。

しかし薬に対して耐性をもったピロリ菌も存在していて
この療法での除菌率は80%程度、一度で成功しなかった場合には、
別の薬を用いて2度3度と行うことができますが、100%除菌するには
相応の時間を手間がかかってしまいます。

LG21乳酸菌でピロリ菌を撃退

そこで、乳酸菌の登場です。乳酸菌ならなんでも良いというわけではなく、
東海大学医学部の研究グループと、明治乳業、わかもと製薬の協力によって製品化された
LG21という乳酸菌が、ピロリ菌に対して効果があることがわかっています。

とはいっても、抗生物質のように除菌できるわけではなく、
あくまでもピロリ菌を弱らせたり、減少させたりできる程度の能力なので、
例えば、上に挙げた除菌療法をあわせてLG21を摂取することで、
除菌治療のアシストを期待できるという非常に優れた能力をもっているのです。

LG21乳酸菌の入ったヨーグルトは、コンビニやスーパーなどでも
普通に売っている上、お値段も普通のヨーグルトと同じ120円程度ですから、
ピロリ菌の撃退を考えている方は、とりあえず毎日食べてみるだけでも、
ピロリ菌を弱らせることができるので、体調改善に効果が期待できるといえます。