食品に含まれる乳酸菌

乳酸菌 Labo

> その食材、本当に乳酸菌が含まれていますか?

その食材、本当に乳酸菌が含まれていますか?

腸内の善玉菌を増やし、健康維持と美容をサポートしてくれる乳酸菌。
忙しいときはサプリメントや飲料などを利用するのが賢い方法と言えそうですが、
日ごろから乳酸菌を含んだ食べ物を意識して摂るようにしてみるのもいいのではないでしょうか。
ここで、改めて乳酸菌を含んだ食べ物について考えてみましょう。

日本の乳酸菌を含んだ食材の代表といえば、
味噌、醤油、納豆、ヌカ漬けなどの発酵食品です。
和食をとる機会を増やせば、これらの食材は毎日摂ることが可能です。
納豆は低価格で乳酸菌以外の栄養素も豊富です。
またヌカ漬けも手づくりすれば購入するよりもずっと安く作ることができます。

市販の漬け物の乳酸菌

漬けものは作るのが面倒…という方に、是非知っておいていただきたいことがあります。
市販の漬けものは野菜に調味料や添加物を加えた液体をあわせて袋に詰めたあと、
加熱処理して市場に出荷しているものがあります。
このようなタイプの漬けものは発酵させていないため、乳酸菌の量もわずかです。
また熟成や発酵で生まれる独特のうまみもありませんから、
化学調味料で味付けしなければなりません。当然、含まれる添加物も多くなります。

せっかく体にいい乳酸菌を摂ろうと思っても、乳酸菌はごくわずか、
添加物はたっぷり…これでは本末転倒ですね。市販の漬けものの素などを
購入するときにも原材料表示欄をよくチェックしてみるようにしましょう。

もともとヌカ漬けや漬けものは保存をきかせるために発酵させたり、
熟成させたりといった過程が必要になり、
乳酸菌はその結果、発生した副産物のようなものでした。
ヌカ漬けや漬けものはできあがるまでに時間がかかりますが、
手作りの美味しさは市販のものとは比べ物になりませんし、乳酸菌の量も豊富です。
是非、時間を見つけて手作りしてみていただきたいと思います。

発酵させることで生まれる乳酸菌

日本のヌカ漬けの他にも韓国のキムチにも乳酸菌が豊富に含まれています。
ただし、キムチも日本で売られているものはきちんと発酵させていないものが多く、
乳酸菌が少ないものが多いのだとか。
ちょっと値段は高くなりますが、韓国産のキムチを選ぶのがオススメです。

また、韓国にも納豆に似た大豆を発酵させたチョングッチャンという食材があります。
臭いがきついので韓国でも若い人は食べたがらない人も多いのだそう。
乳酸菌が豊富で健康にいいことで知られているため、
チョングッチャンのサプリメントがあるのだそうです。
韓国食材を扱うお店で探してみるのも楽しいのではないでしょうか。
また、中国のザーサイにも乳酸菌が豊富に含まれています。

欧米についてはどうでしょうか。実は欧米には乳酸菌を含む発酵食品はそれほど多くありません。
ヨーグルトなどの他にはキャベツを塩と水で漬けて発酵させたドイツのザワークラウト、
フランスのシュークルトなどがあるくらいです。
日本の白菜漬けの作り方にも似ていますが、発酵期間が長く、
酸味が強いので日本人の口にはあまり合わないと言われています。

ハンバーガーや肉料理の付け合わせによく出されるピクルスも発酵させて作っているタイプと、
お酢やビネガーなどに漬けるだけで発酵させていないタイプがありますので注意しましょう。