乳酸菌が減る

乳酸菌 Labo

> 乳酸菌が減るとどうなるの?

乳酸菌が減るとどうなるの?

乳酸菌が不足すると、腸のバランスが崩れ様々な事が起こります。

・便秘
・肌荒れを
・免疫力低下
・アレルギー
・アトピー


などの原因となったりします。

乳酸菌が減る原因

乳酸菌が不足する原因として主に3つの原因が挙げられます。
・食事
・加齢
・ストレス


食事

実は昔であれば意識せずに乳酸菌を補給できていたんです。
現在の食品は、保存期間を長くするためだったりなどの理由で
加熱処理であったり、防腐剤などを利用するせいで乳酸菌が
補給できなくなっているんです。
また、仕事や付き合いなど、不規則な食生活によって悪玉菌が増えてしましいます。
悪玉菌が増えると、乳酸菌は腸内にいずらくなり減少していきます。

加齢

加齢による乳酸菌の減少ですが、厳密にいうと加齢による腸機能の
低下が原因で乳酸菌が減ります。
免疫力も低下してくるので、悪玉菌が増えやすい腸環境になってしまい
乳酸菌が減少していきます。

ストレス

正常な状態であれば胃酸によって悪玉菌が増加するのを抑制するのですが、
ストレスがたまったりすることで自立神経に影響を及ぼして、
悪玉菌が増加してしまいます。
防いでくれるはずの胃酸が働いてくれなくなったためです。
悪玉菌が増加すると善玉菌である乳酸菌は減少していきます。

乳酸菌が不足すると上記で言ったような症状になっていく可能性があります。
普段から規則正しい生活をした方が良いのですが、生活が乱れてきたら、
意識して気をつける事が大事です。 現在の状況ではなかなか乳酸菌を増やすことは難しいので、乳酸菌サプリなどを利用して、摂取すると良いかと思います。

乳酸菌サプリについては乳酸菌サプリ ランキング
おすすめの乳酸菌をランキング形式で紹介しています。
もし購入を検討される場合は参考にしてもらえればと思います。