ヨーグルト 殺菌 乳酸菌

乳酸菌 Labo

> ヨーグルトなどは殺菌されている

ヨーグルトなどは殺菌されている

乳酸菌は体にいいからヨーグルトを食べよう!と思って、
買ってきたヨーグルトをよくよく見てみたら、乳酸菌【殺菌】という風に書いてあって、
「せっかく乳酸菌入りのヨーグルトなのに殺菌しちゃったら、意味ないじゃん!!」
なんていう話は良く聞かれます。

たしかに、「生きたまま腸まで届く」とか、そういったキャッチコピーで
ヨーグルトなどの乳酸菌食品は販売されている場合が多いので無理はありません。
実は、私もこういった表示をみて「なんで???」と思いました。
で調べてみました。

殺菌処理後に乳酸菌を入れている

ヨーグルトは原料となる生乳などを発酵させることで作られるわけですが、
もしも、これを自宅で少量作ってその場で食べてしまうのであれば、
殺菌処理は必要ありません。

しかし、製品として流通させてある程度の期間、品質を保持するためには、
殺菌処理をしないと安定した品質で店頭に並べることが難しいようです。
ということで、発酵させた生乳は一度殺菌処理されるわけですが、
この段階で乳酸菌は一度死滅してしまうことは事実です。

しかし、この殺菌処理の後で生乳とは別に作られた乳酸菌が、
ちゃんと配合されるので、生きた乳酸菌も実際に入っているんですね。

そして、元の生乳の乳酸菌は死滅してしまいましたが、
これらが腸内に到達すると、腸内の善玉菌のエサとなって善玉菌の応援を
してくれるという効果があるので、殺菌処理を行ったヨーグルトにも、
ちゃんと働きがあるというこのなのです。

ヨーグルトに限らず殺菌処理していても効果はある

殺菌処理を行うことには、こういった理由があるわけで、
乳酸菌食品として販売されているもののほとんどに当てはまります。

ですから、商品の成分表示のところなどに乳酸菌【殺菌】と書いてあっても、
がっかりしないでくださいね。

最近では手作りヨーグルトのレシピなんかも、
ネット上にたくさん紹介されていたりして、こういった作り方をご存知の方なら、
逆にきちんと殺菌処理しないと、余計な雑菌が繁殖してしまったりして、
ちゃんと作れないということは常識であるともいえます。

まあそう考えれば、ヨーグルトのような発酵食品では、
変な発酵の仕方をしてしまったら、食品として成り立ちませんよね。
よく考えれば当然なのかもしれません。