植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌 Labo

> ヨーグルトで植物性乳酸菌?

ヨーグルトで植物性乳酸菌?

健康機能食品であるヨーグルトやサプリメントなどをチェックしていると、
いろいろな名前の乳酸菌があることがわかります。
ここで乳酸菌の種類について詳しく考え見ましょう。

まずは乳酸菌のタイプから考えてみましょう。
乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌、
そして人由来の乳酸菌の三種類があります。

牛乳は動物性乳酸菌

動物性乳酸菌は牛乳をはじめとする動物の乳のなかに含まれている乳酸菌で、ヨーグルトやチーズなどがこれにあたります。

植物性乳酸菌は野菜やくだもの、
大豆などに含まれる乳酸菌です。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

まずは一般的な植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いから見てみましょう。

乳酸菌は発酵する過程で糖類から乳酸をつくり出します。
植物性乳酸菌は果糖・ショ糖・ブドウ糖・麦芽糖などの
さまざまな多糖類から乳酸菌を作ることができるのに対し、
動物性乳酸菌は乳糖(ラクトース)からしか乳酸菌を作ることができません。

また植物性乳酸菌は糖類の濃度がまちまちでも乳酸菌をつくることができますが、
動物性乳酸菌は一定以上の濃度が保たれていないと、
乳酸菌をつくることができないこともわかっています。

また乳酸菌として生息していける環境の条件も異なります。
動物性乳酸菌は栄養状態がよくバランスの取れた環境でしか生息できませんが、
植物性乳酸菌は栄養が少なく、バランスが悪い環境でも生息することができます。

また塩分の有無も影響します。
ヌカ漬けやみそ、醤油などが塩分を多く含んでいることからも分かるように、
植物性乳酸菌は塩分が濃い環境でも生息することができるのに対し、
動物性乳酸菌は塩分にも弱いと言われているのです。

植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届く

このように考えると植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも
厳しい環境のなかでも生息することができるということが分かります。
人間の体の中に入っても同じことが起こります。
動物性乳酸菌は酸や塩分に弱いため、酸のつよい胃液の影響でほとんど死んでしまい、
生きた状態で届かないと言われているのです。

死んでしまった菌である死菌でも生きた状態の生菌でも
同じように整腸作用や免疫力を高める効果が期待できるという意見もあるようですが、
この研究についてはまだ結果が出ていません。
そのため、腸まで生きたまま届く植物性乳酸菌のほうが体にいいと言われることが多いのです。

ヨーグルトでも植物性乳酸菌は摂取できる

それなら、ヨーグルトを食べても整腸作用はあまり期待できないということ?
と思ってしまいがちですが、そうとも言い切れません。
動物性乳酸菌がヨーグルトやチーズに含まれているといっても、
現在市販されているヨーグルトには植物性乳酸菌が配合されているものも多いのです。

例えば、有名なプレーンヨーグルトや乳酸菌飲料に入っている
ラクトバチルスも実は植物性乳酸菌です。
植物性がいいからといって、豆乳ヨーグルトを食べている…という人もいますが、
普通のヨーグルトでも植物性乳酸菌を摂ることはできるのです。

食品やサプリメントを摂る前には、まず配合されている乳酸菌が
どんな乳酸菌なのかチェックしてみるとよいでしょう。
次のページでは、人由来の乳酸菌について考えてみたいと思います。