乳酸菌サプリ ランキング

乳酸菌 Labo

> 乳酸菌サプリ ランキング

乳酸菌サプリ ランキング

乳酸菌サプリを選ぶポイントは?
乳酸菌の数
飲み続けるのに無理のない価格
オリゴ糖など乳酸菌を助ける成分

乳酸菌サプリをなぜ飲むのでしょうか?腸内の改善のためが理由のほとんどでしょう。
腸内を整えると便秘解消、間接的にはお肌の調子がよくなったりしますのでこの選ぶポイントは
結構大事だったりします。
乳酸菌サプリを始めるならこのランキングから選んでおけば間違いない!と言えるものを厳選していますのでご参考にどうぞおー。

花菜の選べる乳酸菌

商品名からして「選べる乳酸菌」って??と思った方も多いかと思います。 この「花菜の選べる乳酸菌」は2種類の乳酸菌サプリをひとつのパッケージとした、 全く新しい発想の乳酸菌サプリメントなのです。
乳酸菌の数
2粒で3,000億~5,000億
価格
¥3,150(30粒)2種類2袋

詳細ページはこちら

姫婦人(きふじん)

姫婦人の特徴は今話題の酵素美容成分が 一緒にとれる乳酸菌サプリという点でしょう。 乳酸菌も日本人の体に合ったナノ型乳酸菌を専門家が厳選。 生野菜や野菜ジュースを飲むよりも効率的な酵素の摂取ができ、質の高い乳酸菌が採れるバランスの良いサプリメントと言えます。
乳酸菌の数
1粒750億個
価格
¥3,150(31粒)

詳細ページはこちら

乳酸菌革命

乳酸菌サプリの革命児「乳酸菌革命」は 実績で言うとリピート率85.7%、販売実績が60万袋という数字を誇り、 現時点では3世代目となるリニューアルによりさらにパワーアップを計った人気乳酸菌サプリです。
乳酸菌の数
非公開
価格
¥2,660(62粒)1袋

詳細ページはこちら

植物性乳酸菌ラブレ

知らない人はいないと思われる大手食品メーカー「カゴメ」の乳酸菌サプリがこの 植物性乳酸菌ラブレです。まずは購入してみるにあたって大手メーカーの製品であるという信頼感は 結構大きいのではないかと思います。
乳酸菌の数
1粒で100億個以上
価格
¥4,500(30粒)1袋

詳細ページはこちら

乳酸菌EC-12

製薬会社である久光製薬の販売する乳酸菌サプリが「乳酸菌EC-12」。 顆粒タイプで1回分が1袋となっており、さわやかな甘みのブルーベリー味なので 水なしでいつでもどこでも飲むことができます。
乳酸菌の数
1回分1袋で1兆個
価格
¥1,900 お試し用30袋(1回1袋)

詳細ページはこちら

米のしずく

日本酒メーカーとして有名な酒造メーカー「菊正宗」の乳酸菌サプリが「米のしずく」です。 お酒のメーカーがなぜ乳酸菌を?と考えてしまいますが、よくよく考えてみるとお米を発酵させることでお酒を造っているわけですから、 米の発酵や菌に関してはその道のエキスパート。長年培った技術がものを言うわけですね。
乳酸菌の数
3粒で60億個以上
価格
¥1,500 15日間お試しパック(45粒)1袋

詳細ページはこちら

乳酸菌サプリを飲む前と比較をしよう

サプリメントの一番の難しいところは効果が出るまでにある程度時間がかかるところだと思います。乳酸菌サプリも例外ではないですが、他のサプリに比べ腸内って意外と結果が分かるものです。上記で紹介したサプリは勿論個人差はありますが長年苦しんだ便秘が驚くほどにすっきりと言う方が結構います。共通して言えるのは1か月から2カ月は様子を見てみるということです。
すぐに結果がでる人もいるでしょうが生活習慣なども関係してきたりすると思いますし、もしかするとそのサプリが相性が良いのにすぐに結果が出ないとあきらめてしまい、もうちょっと続ければ良い結果が得られたかもしれないということはあると思います。
ただ何カ月も効果がないのに続けるのもちょっと良くないと思います。
なのである程度1カ月から2カ月くらいは様子をみてみるなど、自分なりの期間をせってして飲み始めることは大切です。

乳酸菌はとりすぎてもいいものでしょうか?

基本的にどんないいものでもとりすぎはよくないと言われますが
乳酸菌はどうでしょうか。乳酸菌の1日の摂取目安は1兆ともいわれていますので
他のサプリとかと比べるとなんだかとりすぎちゃう。という感じもしてしまいますね。
摂取量に関しては各サプリメントメーカーさんがある程度このくらいまでにしてね
というのがあるのでそれは守るべきでしょう。

ただ、例えば日常の生活でヨーグルト1個でも100億個とからしいので
1兆個の乳酸菌をとるのってかなり不可能に近いですよね。
サプリ関係なく乳酸菌をとりすぎてもいいものなのかというのは
あまり気にしなくていい問題と言えると思います。